いせ工房
商品一覧
ペンダント
 動物モチーフ
 昆虫モチーフ
 シンプル
 石入り
 プレート
 人気作
 その他
 K18/Pt900
リング
 動物モチーフ
 シンプル
 ピンキーサイズ
 燻し仕上げ
その他
 スタンプ類
 ブローチ類
 キーホルダー
 チャーム
 ブレスレット
 ネックレス種類
 ペアーアイテム
シリーズ作
 Mixed Animal
 ネコモチーフ
 くるくる
 Fairy(妖精)
 Lacy
 Beetle
 SEASON
 Floral
 illmination
オーダーメード
 説明と作品例
 犬の迷子札
 落款制作
お買い物について
 ご注文方法
 お支払い方法
 ラッピング
 特商法表記
WAXのページ
 項目一覧
プロフィール
 作者と商品
リンク集
 項目一覧
お役立ち情報
 お手入れ方法
 Q&A
 ⇒加工工程の話
 メッキについて
 リングサイズ
 文字刻印
 お客様の声
 マスメディア
サイトマップ
お知らせ
更新情報
お問い合せ
HOME
加工工程の話
ここでは製品が出来上がるまでの工程を1例として説明いたします。
 1)デザイン まずは製品のイメージ。スケッチしたり、デザイン画をおこしたりします。
 2)ワックス加工 デザイン画をもとにワックスで原型を作成します。地金で作れるものはここで4)原型仕上げとなります。
 3)鋳造 ワックス原型を通常シルバーに鋳造し、原型にします。1点物の場合、6)仕上げに移ります。
 4)原型仕上げ シルバー原型を仕上げます。ペーパー仕上げの後、重曹で磨きます。再び鋳造所に出します。
 5)鋳造 この中の工程は長いですが、大まかにはまず、シルバー原型のゴム型を取ります。この中にインジェクションワックスを注入します。このワックスをツリー状にゴム蓋に立てます。そこに筒状のカンをかぶせ、中に石膏を流し込みます。直後に脱泡器で空気抜きをします。石膏が固まったらゴム蓋を外し、炉で焼きます。ワックスは蒸発し、石膏の雌型が出来上がります。この後地金を流し込みますが、遠心分離の原理を応用した方法や、真空状にして注入する方法等があります。地金を流し込んだ後、石膏は壊して中身を取り出し、ツリー状に付けた製品を切り離します。この状態で鋳造所から戻ってきます。(1点物でない製品の場合はこのように生産します)
 6)仕上げ 鋳造上がりの製品を仕上げます。デザインによってはこれで終わる場合もあります。
 7)石留め 石を留める場合、通常この段階になります。難しい石留めは専門の職人さんにお願いします。この中の工程も説明すると結構長くなります。
 8)最終仕上げ 石留めが完了したら最終仕上げになります。傷1つ残さないよう磨き上げます。通常はこれで終わりです。
 9)メッキ メッキを施す場合は最後になりますが、パール等の素材はメッキ後に接着します。
大雑把ではありますが、以上のように貴金属製品が出来上がるまでの工程は長く、どの段階でもミスは許されません。1つ1つの工程に専門の職人さんが存在することもご理解いただけたら、と思います。
HOME