ハードワックスの工程例3(オヤコイルカペンダント)
親子イルカが戯れているペンダントを作ります。オヤコイルカリングのペンダント版です。
マスメ入りのトレーシングペーパーに描くときには重心がどうなるかを意識します。チェーンの通るところから中心線を下ろしたとして、左右の容積を同じにしないと絵の通りの角度にはならないからです。
作り方は同じようにトレーシングペーパーの表裏を使用してワックスにけがき、不要な部分を削り落とします。このペンダントの場合、斜めにイルカが交差しているので、正面から見たときの角度に気を使いました。(これ実は2作目のワックスです。)
既にイルカペンダントがありますが、大きいイルカはあえて逆の向きにしました。イルカの寸法もやや小さめにしました。
クサリカン部分は正面から目立たないようにしてあります。表と裏は正反対でもなく、動きを表現するため各部分で微妙に角度が変わります。
シルバー原型を仕上げた状態。肌にあたる部分は押しても痛くない程度に丸みをつけてあります。
この商品のページ
BACK  NEXT
「ワックスメニュー」へ戻る
HOME